エピペン講習会

アレルギーによるアナフィラキシー・ショック対応

エピペン®対応講習会

近年、アナフィラキシー・ショックによる死亡例が多く報告されています。社会生活が多様化する中、子ども達の体の中に起こる“生命を脅かすアレルギー反応“に大きな関心が寄せられています。児童・生徒を預かる学校や幼稚園・学童保育施設などの先生方を対象に、一次救命手当ての範囲内において、その予防法と、適切な対応法をお伝えするプログラムです。

【実 習】
アナフィラキシー症状に関わる知識とエピペン®トレーナーを用いた、実践的なロールプレイも導入してお伝えします。
・アナフィラキシー症に関するテキスト資料
・エピペン®トレーナーは、お一人1本を準備します。
・動画などを用いて効果的に解説します。

エピペン対応講習会

「救命・救急法講習会」と「エピペン®対応講習会」をセットにした講習会

学童保育に従事する方、保育所に従事する方など、業務の都合でなかなか時間が設けられない方々に対して、「救命法」と「エピペン®対応法」をセットにしてお伝えします。

  1. ・講習時間は、120分~150分を目安に行います。
  2. ・確実かつ丁寧に内容をお伝えしますので、受講者数は30名を限度とさせていただきます。
救命・救急法講習会

講習会・講座 料金基準

(平成30年4月改定)

講習料/円 : P=個人 G=団体料金

【エピペン®(アナフィラキシー・ショック)対応講習会】
講座・講習会名 講習時間 定員 講習料/円 対象
エピペン®対応傷病者評価 1.5時間 8名以上 @1,600円/P 16~職域・学域・一般
エピペン®対応&心肺蘇生法 2~2.5時間 10名以上 @2,200円/P 16~職域・学域・一般
◆特典=エピペン®対応講習会の場合は、多人数割引があります。

講習・講座共通事項

受講料
受講料には、テキスト代、会場使用料、機材費、講師指導料、保険料等が含まれます。
ライフガード講習
受講基準が設定してあります。
検定基準が設定してあります。
対象者分類
「職域」企業、団体、スポーツ施設従事者、管理者など
「学域」学校教職員、学生、部活員、PTA父母など
「一般」個人、町会、同好会、各種団体、サークルなど
年齢基準
例:「16~」は16才以上
(学域に関して制限の変更可能)
救命救急法講習会
オプションで追加項目を加えることができます。
障害者対象救命員講習会
専門性を重視し、外部講師(手話通訳者など)を配置する場合もあり。
ページトップへ