水上安全法 プール安全管理 スポーツ・水中支援

水上安全法

水上安全法講習会講習時間 300分~780分

国外や他の水上安全法のまね事ではなく、日本のプール施設に適合した業務対応の専門性を重視したプログラムで構成されています。
かつ、一般的な内容とは異なる、それぞれが運営するプール施設に準じた、きめの細かい救助法や監視法など“プロ(職業)″ を意識した内容が盛り込まれています。

講習項目
  • 事故と統計
  • 事故と法的責任
  • 監視業務
  • 施設管理
  • 水質管理
  • アウトドア対策
  • 個人情報管理
  • 地震対策
  • トラブル防止対策
  • 救助法
  • 水上救命法

(救助法以外の項目は赤十字社の議習会には含まれていません)

プール安全管理

プール安全管理法講座講習時間 420分

公共プール、体育施設プール、ホテルプール、レジャープールなどの監視業務を“業務委託″して運営する場合には「警備業法」が適用され、規定の法的基準に沿って行うことが義務付けられています。
プール利用者の安全確保を目指し、一般的な水上安全法とは異なる業務上の専門性が求められ、また、監視員(警備員)になるには、定められた時間と内容の講習受講が必要です。

警備業法の法的基準を満たすプログラムで構成されています。

※一つとして同じプール施設はありません。
其々のプール環境に則した、安全・確実な管理法を学んでいただき、利用者の期待に応える体制の確立を日指します。

プール安全管理法

学校プール開放安全管理法講座講習時間 120分~150分

教育委員会や行政等が主催し、学校のPTA父母の方々、あるいはボランティアの方々が携わって開放する学校プールの場合は、一般のプール施設の運営に準じて相応の安全配慮が求められますので、事故防止のための

  • 監視法
  • 水質管理
  • 救助法・救命法
  • 施設管理法

など基本的かつ実務的なプログラムを組んで構成されています。
普段、監視業務に携わることのない方がほとんどなので、動画やパワーポイントを活用して、必要最低限の内容を、分かり易く解説して知識・技術を取得していただきます。

学校プール開放安全管理法

平成25年4月改定

講座

講習料/円 : P=個人 G=団体料金

講座・講習会名 講習時間 定員 講習料/円 対象
リスクマネジメント講座 2~3時間 10名以上 20,000円/G 18~職域・学域・一般
プール安全管理講座 6時間 10名以上 35,000円/G 18~職域・学域・一般
学校プール開放安全講座 2~3時間 10名以上 15,000円/G 18~職域・学域・一般

水上安全法講習会

講習料/円 : P=個人 G=団体料金

講座・講習会名 講習時間 定員 講習料/円 対象
プールライフガード養成講習会 B級 12時間 12名以上 @3,500円/P 16~職域・学域・一般
プールライフガード養成講習会 A級 14時間 15名以上 @5,000円/P 16~職域・学域・一般
ビーチライフガード養成講習会 B級 13時間 15名以上 @6,000円/P 16~職域・学域・一般
ビーチライフガード養成講習会 A級 15時間 15名以上 @8,000円/P 16~職域・学域・一般
サバイバル(着衣泳)実習講習会 2~3時間 10名以上 15,000円/G 8~職域・学域・一般
指導員養成講習会 詳細は事務局へお問い合わせください。

スポーツ・水中支援

スポーツ・リスクマネジメント講座

スポーツ・リスクマネジメントスポーツ現場における様々なリスク<危機>を克服するためのスポーツ指導者及びスポーツ施設の管理者を対象に、「危機管理=リスク・マネジメント」の在り方を学んでいただくためのプログラムを準備し、その対処法をお伝えします。

スポーツには、スポーツ特有のリスクが必ず存在します。
そのためには指導に従事する者はそれらの“リスク"を的確に想定し、そのリスクの大きさを評価し、そして万一発生した場合のリスクを最小限にとどめるための正確な対処を取らなければなりません。

  • インドア、アウトドアにおける相違点
  • 陸上、水上における相違点
  • 指導上の法的措置について
  • 注意義務と管理責任について

などを考慮した、あらゆる場面でのスポーツに係わる“リスク・マネジメント=危機管理”の方法を学んでいただきます。

★特に、ここでは「ヒューマン。エラー』から発生する事故の抑止について詳しく解説して<安全スポーツ>の普及に役立ててもらうためのプログラムが準備されています。

水中支援

学校授業における水泳指導、サバイバル水泳(旧着衣泳)、臨海教室(遠泳)などの指導とサポートを行います。

ヒューマン。エラー
ページトップへ